main logo

slider image

デリバティブ取引等に係る投資制限に関するリスク管理方針

当社は、デリバティブ取引等(金融商品取引法第二条第20 項に定めるデリバティブ取引をいいます。)の投資指図が可能な公募投資信託(投資対象となるマザーファンドや私募投資信託を含みます。)の運用において、一般社団法人投資信託協会の諸規則およびガイドラインに基づき、デリバティブ取引等に係るリスク量の管理を行っています。

デリバティブ取引等に係るリスク量は、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額として、一般社団法人投資信託協会規則に定める「合理的な方法」により算出されます。当社では、その算出に当たっては、デリバティブ取引等の目的がヘッジ目的およびヘッジ目的以外のいずれの場合であっても、「合理的な方法」の内の標準的方式を用い、算出された額が投資信託財産の純資産総額の80%以内となるよう管理するものとします。